2010年05月28日

事業仕分け 裁判記録コピー代、人に頼んで50円、セルフでも20円…(産経新聞)

 裁判記録のコピー、職員に頼む「対面式」で1枚50円、セルフでも20円。さてこれは高い? 適正? 25日にあった行政刷新会議の事業仕分けの中で、裁判所内で裁判記録のコピー業務を請け負う法務省所管の「司法協会」などが俎上に載せられた。

 枝野幸男行政刷新相「10円コピーもあるのに、対面式で50円、どうしてこんなに高いのか」

 司法協会側「手間暇を考え、人件費がかかる。コピー機に並べ替え機能もなく、手作業なので…」

 枝野氏「それにしても高い」

 焦点は協会のコピー料金。裁判記録は裁判所外に持ち出せず、膨大な場合もあり、弁護士らを中心に値下げが求められてきた。

 仕分け人「経営努力で、コストを下げられないか」

 協会側「見直ししてきたなかでの設定額です」

 仕分け人が、コピーを利用する側でもある所管の法務省に値段が適正かをただすと、法務省側は「安い方がいい」とした上で、「他の業者を調査すると、対面47円、セルフ20円でそう変わらない」と説明した。

 仕分け人らは、職員の8割を裁判所OBが占めていることも問題視した。

 最終的に、「コピーが安くなるよう法務省として、指導監督してほしい」と指摘、「見直し」と判定された。

 また、同じく法務省所管の「矯正協会」が、ほぼ独占している刑務所内の物品販売と刑務作業協力の2事業も、運営の改善を求めて「見直し」とした。

【関連記事】
事業仕分け 「廃止」連発 ギャラリー意識?
事業仕分け 「宝くじ発売中止」を撤回 
内田裕也さん、蓮舫氏に花束 仕分けを傍聴
事業仕分け、競輪の還付など廃止判定 「効果ない事業押しつけ」
事業仕分け 建設8団体、随契で内部留保165億円 縮減判定
虐待が子供に与える「傷」とは?

ポイントは“本業”を通じた環境経営――ゴールドウインの自転車通勤制度(Business Media 誠)
<マルチ商法>仮想空間巡り提訴へ 会員「違法勧誘された」(毎日新聞)
<MOX工場>着工を延期…日本原燃(毎日新聞)
女子高生わいせつ警官「捜査資料で連絡先知って」(読売新聞)
普天間問題、社民反発に首相「連立維持される」(産経新聞)
posted by クワナ ヨシノブ at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

「ただ風呂」入ろう…京大病院の患者用浴室に侵入(産経新聞)

 「ただ風呂」に入るため京都大医学部付属病院(京都市左京区)の患者用浴室に侵入し、勝手に入浴したとして京都府警川端署が建造物侵入容疑の現行犯で、京都市北区小山下総町の無職、友田潔志被告(56)を逮捕していたことが13日、わかった。すでに京都地検が同罪で起訴している。

 同署によると、友田被告は4月20日夕、京大病院の北病棟4階に侵入し、患者用の浴室を勝手に利用。入浴中に、専用のリストバンドをしていないことに気づいた患者が看護師に伝え、現行犯逮捕された。友田被告は「死んだ母親の遺産も使い果たし、お金がなかった。光熱費を少しでも節約したかった」などと供述しているという。

 知人から「大きな総合病院には患者用の風呂がある」と聞きつけ、犯行を計画。これまでにも京都府内の別の病院の患者用風呂を利用したことがあるという。

【関連記事】
「懲らしめてやる」中学生がホームレスのテント放火
パチンコ玉持ち込み入店、容疑の男逮捕 水戸
「聖火ランナーのまねをしようと…」竹ぼうきに火を付けた少年ら逮捕
「飲み食いに困って…」焼き鳥店から焼き鳥とおにぎり盗む
カラオケ女性の部屋に侵入、強姦未遂容疑で男逮捕
少子化を止めろ!

詰め寄られ「県内」「徳之島」沖縄でも迷走(読売新聞)
「スクリーム」の覆面男、コンビニ強盗も店員「嫌だ」で逃走(スポーツ報知)
リニアの経済効果、国が調査へ=秋ごろ報告−国交省審議会(時事通信)
パロマ元社長が有罪 CO中毒死 元品質管理部長も 東京地裁判決(産経新聞)
介護用具販売業者に破産手続き開始決定―東京地裁(医療介護CBニュース)
posted by クワナ ヨシノブ at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

憲法審査会の早期始動求める決議採択 超党派議連(産経新聞)

 超党派の国会議員らでつくる「新憲法制定議員同盟」(会長・中曽根康弘元首相)は28日、東京・永田町の憲政記念館で「新しい憲法を制定する推進大会」を開いた。大会は「憲法の議論は国家の基本課題で、おろそかにすることは許されない」として、衆参両院の審査会の早期始動を求める決議を採択した。

 大会には経済団体の代表を含め1000人以上が参加。中曽根氏は「世論調査の憲法改正への賛否は一時、賛成の方がかなり強かったが最近は同じくらいだ。鳩山内閣が憲法問題へのはっきりした態度を押し出さないことがある」と述べ、憲法論議に消極的な鳩山政権を批判した。さらに中曽根氏は「憲法を改正しようとするわれわれの志は熱く、何が何でも達成しなければ、死んでいけない」と熱弁をふるった。

 民主党の松原仁衆院予算委員会筆頭理事はあいさつで「憲法を新しく作っていこうという烈々たる思いを、鳩山首相はお持ちだと確信している」と釈明した。

 明治天皇の玄孫にあたる竹田恒泰・慶応大講師(憲法学)が講演し「(新憲法に)宮中祭祀を天皇の国事行為に入れてほしい」と指摘した。

【関連記事】
「雨が降っても風が吹いても」 中曽根元首相、新憲法制定に意欲
「天皇元首」「外国人参政権」など検討 自民が憲法改正で論点整理
小沢氏傲慢発言「陛下にプライベートはない」
「護憲」「改憲」亀裂の火種 寄り合い所帯の民主
議員同盟決議「憲法審査会の早期始動を」

中国政府の正当化、防衛相が再抗議 護衛艦へのヘリ近接飛行「極めて危険」(産経新聞)
【新・関西笑談】とことん大阪万博(1)(産経新聞)
橋下府知事、空港活性化案「就任時とは隔世の感」(産経新聞)
【思いを託す JR脱線・被害者へ】(2)妹を失った尾ノ井廣行さん(54)(産経新聞)
皇太子さま、奈良入り=復元大極殿を視察(時事通信)
posted by クワナ ヨシノブ at 01:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。